実写版「進撃の巨人」を観てきた-前編後編含めた感想

実写版「進撃の巨人」の後編見てきました。
前編は二か月前に見てますが、思い出しつつ感想を書いていきます。

ちなみに僕はある程度原作読んでます。
得体のしれないものが出てくるパニック系の漫画(Gantzとか)が大好物なので原作も読んでいましたが、
途中で割とどうでも良くなってしまって読むのをやめてしまった人間です。
というわけで、原作にそこまで思い入れはありません。

結論として”続きを想像するのが好き”かつ”原作通りを期待しない”人であれば、見る価値はあると思います。

前編で一番盛り上がったところは、最初の壁が壊れた後の”絶望感”だと思います。

あそこはしっかり表現されてたので、引き込まれた感は結構あります。
グロテスクな部分が好きな人にはお勧めできます。
僕はそこで割と満足できたので、モヤモヤして終わっても見た価値はあったと思います。
(こういうこと書いてて、自分がまともな人間なのかどうか不安になりますね…)

後編では色々と謎を残したまま終わります。

というわけで、モヤモヤしたまま終わるのが嫌いな人は見ない方が良いです。
前半のインパクトが強かったせいか絶望感はあまりなかったですね。(グロテスクな部分も)
巨人同士の戦いとかもあるけど、人間の葛藤に焦点が当てられた感じです。

以下はネタばれが入る気がするのでご注意を…

「俺たちの戦いはこれからだ」的なまま終わるかと思ったら、
エンドロール後に三人称目線の人(?)がしゃべって終わります。政府の人間かそれすらも支配する人かはたまた人間の上の知性を持った何かですかね。
ここら辺は想像してみろという作者側の意向なんでしょうか。
あと、前半で敵は巨人、後半で本当の敵は人間だ!的な部分を強調したかったんだと思います。
問題の本質は人間にあるってことですね。
その他モヤモヤ要因を挙げときます。
・巨人大量発生の原因(これは映画の時代では特定困難という設定なんでしょうね。)
・シキシマ隊長が壁壊せば良いんじゃないか?自分で革命しちゃえば良いじゃない。(大型巨人じゃないから仕方ないのかね。)
・草薙お父さんのその後と薬について(これは漫画でも謎でしたかね?)

まぁ個人的には迫力はあったから見て良かったと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です