Fitbit Surge買ってから今日までの心拍数データをヒストグラム化してみた

以前の記事でfitbit APIとPythonにより心拍数データをヒストグラム化したことを書きました。

簡単ですが、やり方については以下の記事にまとめてます。

1日分の心拍数データを使ってただけなので、平均をとるという意味で今までのデータ全て使いたいと思ったわけです。
Surgeを買った日(身につけ始めた日)が2015年9月20日なので、この日から今日までの心拍数データを全部集めてヒストグラム化した結果です。

全データのヒストグラム
全データのヒストグラム
2015/11/15のヒストグラム
2015/11/15のヒストグラム

1日分のグラフと比べると、滑らかさなグラフになりました。
結果としてピークが二つくっきりとでるのがおもしろい。

結局、自分のデータしかみれないのでなんとも言えないですが、
・就寝時と、安静時で心拍数に差がある。
・就寝時のピークを左端と考えれば、大体U分布と言える。縦軸を対数でとった結果が以下の図です。ピーク間のへこみが気にならなくなりますね。
HR-log

このピーク間の広さってとこが重要な気がしないでもない。
狭いということは、就寝時の心拍数が安静時と変わらないことになるので、睡眠に問題ある。
とかっていうことが言えたりするのかもしれない。被験者もいないのであくまで推測です。
やっぱり色んな人のデータを見てみたいですね。

コードを公開しておこうと思います。
データ取得部分だけが以前のところと違うのでそこだけ載せときます。

注意点
以下のリンクにも書いてありますが、1時間に150以上のAPIリクエストをしてしまうと、制限がかかります。
例えば12時15分に制限が掛かると次に使えるのが13時からになります。
先に紹介したコードは1日毎にリクエストしてしまうので、データを取り出したい期間が150日以上ある場合は、150日以下で区切らないとデータ取得できませんのでご注意を。
https://dev.fitbit.com/docs/basics/#rate-limits


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です