Fitbit APIとPythonで心拍数を取得してみる-続き:ヒストグラム化

以下の記事にて分刻みの心拍数データを取得できたことを書きました。

それをヒストグラム化したところまでできたので、結果だけ載せます。
(縦軸が頻度、横軸が心拍数です。)

2015/11/15のヒストグラム

2015/11/16のヒストグラム

これだけ見ると日によって結構なバラつきがありそうですね。

低い所でピークが二つ出る(60とか70付近)のは、低い方のピークが睡眠時で、高い方のピークが安静時なんだと思います。そんなところにも差があるんですね。

高い方のピーク以上になると指数関数的に減っていくようです。

全機関のヒストグラムを取ればより一般的なデータが取れると思うのでまたあとでやってみたい。

それにしてもPython素晴らしいですね。初心者でもこんなことがすぐできてしまうとは。

全体のやり方はまた別の記事で書きたいと思います。


One thought on “Fitbit APIとPythonで心拍数を取得してみる-続き:ヒストグラム化

  1. こんにちは。
    またfitbitを使ってデータを取ろうと思っているのですが、ディベロッパー登録の画面が更新されて、前と違っています。どうすれば登録画面にたどりつけるでしょうか
    ご回答をよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です